不動産相続

コラム
「不動産市況の今後、空き家の急増に注意が必要!」

住宅の売却を検討する際、不動産会社に依頼する前に最も重要なのは、「本当に今、売るべきか否か」を検討することです。住宅市場の現状や将来の展望、お客様ご自身の状況を考慮すれば、現在が最適な売却タイミングではないと感じることも […]

続きを読む
コラム
買い取り・再販の仕組みと手数料

不動産取引において、買い取り専門の会社が介入し、再販されるケースが存在します。この場合、仲介手数料が通常のケースよりも倍以上になり、取引の仕組みには注意が必要です。 下取り取引の裏側と手数料の分配 特に注目すべきは、不動 […]

続きを読む
コラム
税務署相談の限界

「無料相談」に過信してはいけない理由 多くの方が税理士不要で相続税申告書を作成したいと考え、税務署の無料相談を頼りにしています。しかし、税務署では具体的な節税方法や二次相続の対策など、重要な情報は得られません。これにより […]

続きを読む
コラム
税理士業界の紹介料って

紹介料文化の危険性を考える 税理士業界において、紹介料文化には慎重であるべきです。紹介には純粋なものと、契約金額の一部が紹介者に戻る「紹介料目的の紹介」の2つがあります。後者では、良い税理士に巡り合えるかどうかは契約後ま […]

続きを読む
コラム
相続税に強い税理士の見分け方5選

遺産分割の提案力相続税において最も重要なのは、遺産の分け方です。相続税に強い税理士は、まず税金の最適な分割案を提案し、それを参考に相続人の意向を反映させつつ最終的な分け方を決定します。逆に、弱い税理士は単に遺産の分け方を […]

続きを読む
コラム
相続税に苦手意識を持つ税理士

試験制度の影響 税理士資格を持つ者でも相続税に苦手意識を抱く理由の一つは、「相続税が選択科目であるため試験受験者が敬遠される」ことです。相続税は難易度の高い科目であり、その難解さから受験者は少なく、実際に合格する者も極め […]

続きを読む
コラム
税理士の落とし穴: 法律知識が不足したアドバイスに注意

生前贈与による遺留分削減の誤解 先ず、この話に登場する税理士が提供したアドバイスには、生前贈与によって将来の遺留分を減らすことができるとの誤解が含まれています。実際には、生前贈与で渡した財産は特別受益に該当し、遺留分計算 […]

続きを読む
コラム
相続税にまったく詳しくない法律家と司法書士の落とし穴

相続に関する法律家を選ぶ際、相続税に精通していない専門家がいることに気をつけなければなりません。今回は、法律家や司法書士が相続税に疎い場合に生じる問題を、実際のケースを交えて探ってみましょう。 法律家や司法書士の中に相続 […]

続きを読む
コラム
弁護士への依頼は宣戦布告!? 双方代理の禁止とその意味

双方代理の禁止とは? 先ほど弁護士はオールマイティとお伝えしましたが、注意点が1つあります。それは、「弁護士は相続人の双方から依頼を受けることができない」ということです。 例えば、相続人が長男と長女の子供2人であった場合 […]

続きを読む
コラム
司法書士と行政書士の違いについて知っておこう!

司法書士と行政書士は、法律の専門家としてそれぞれ得意分野があり、彼らの違いを理解することは重要です。以下に、それぞれの専門領域と特徴を紹介します。 司法書士の専門領域 司法書士は、相続手続きにおいて不動産の相続登記や名義 […]

続きを読む