売却ノウハウ

コラム
賃貸契約における義務と責任新着!!

1. 賃貸人の義務 1-1. 使用・収益させる義務賃貸人は、賃借人が契約の趣旨に従って物件を使用・収益できるようにする義務を負います。 1-2. 目的物の修繕義務賃貸人は、賃借人の使用・収益のために必要な修繕を行う義務が […]

続きを読む
コラム
不動産の賃貸借契約の成立と効力新着!!

不動産の賃貸借契約は、賃貸人が賃借人に土地や建物の使用・収益を許可し、賃借人がその代償として賃料を支払い、契約終了時には借り受けた土地や建物を返還することを約束することで成立します。これは有償契約であり、使用貸借とは異な […]

続きを読む
コラム
地震に備えた建築構造と耐震基準新着!!

地震に対応する建物の構造は、耐震性、免震性、制震性の違いにより大きく分類されます。 【耐震構造】 柱、梁、壁などを筋交いや補強金物で強化し、建物を頑丈にします。地震エネルギーが直接建物に伝わるため、家具の転倒や仕上げ材の […]

続きを読む
コラム
建築工法の確認新着!!

建築工法には様々な種類がありますが、それぞれの構造や特徴を知っておくことは重要です。以下に代表的な建築工法とその特徴をまとめました。 1. 木造建築 2. 鉄骨造 3. 鉄筋コンクリート造 (RC造) これらの工法を理解 […]

続きを読む
コラム
地盤調査新着!!

地盤調査の方法 地盤調査には、いくつかの方法があります。スクリューウエイト貫入試験(SWS試験)、ボーリング調査、平板載荷試験などが一般的です。特に一戸建て住宅の建築では、スクリューウエイト貫入試験がよく用いられます。こ […]

続きを読む
コラム
不動産の調査

不動産の価値はさまざまな要素によって左右されます。そのため、調査においては詳細な情報収集と現地調査が欠かせません。 1. 土地の現地調査項目 不動産の価値を把握するためには、土地の現地調査が不可欠です。以下は、その際に把 […]

続きを読む
コラム
「競売について知っておきたいポイント」

競売制度は、抵当権等の担保権が設定された不動産において債務不履行などがあった場合に発動します。この制度では、抵当権者(債権者)が債権回収のために裁判所に対し不動産の競売を申し立て、裁判所が差押手続を行い、競売によって落札 […]

続きを読む
コラム
共有物と持分権について

1. 共有と持分権 共有とは、1つの物を複数の人が共同で所有する形態です。それぞれが「持分」を持ち、各共有者が共有物に対する自己の権利を有しています。これを「持分権」と呼びます。持分権は一種の所有権であり、各共有者は自己 […]

続きを読む
コラム
筆界と境界について

筆界とは 筆界とは、一筆の土地と隣接する他の土地(表題登記の有無にかかわらず)の間において、一筆の土地が登記された際にその境を構成するものです。これは、2005年の不動産登記法改正によって定義されました。筆界は、土地が登 […]

続きを読む
コラム
不動産登記の仕組み

1. 不動産登記制度とは 不動産の所有権や抵当権などの正当な権利を主張するためには、公に示す必要があります。そのため、法務局(登記所)では、不動産の物理的な情報や権利関係をコンピューター管理された登記記録に記録し、これを […]

続きを読む